シマリス おはぎの飼育奮闘記

生後2ヶ月で我が家に来たシマリス「おはぎ」の成長日記。
このブログでは、おはぎが、何を食べ、どのように成長したかを綴っていきます。
シマリスを飼っている方、これから飼おうとしている方への参考になれば!

TOP> >

タグ:シマリス

ふぁぁぁぁあ

お昼寝から起床でこの寛ぎ様(笑)

もう出れる事を覚えちゃってか、出してアピールが凄い(((( ;゚д゚)))
私が昼寝してて、おはぎが昼寝から目覚めるとめっちゃガチャガチャして訴えてきます(笑)

ん〜、でもまだ朝方とかちょっと寒いし広いケージはなぁ。とりあえずバリケード作って対策しますかね。




しかし最近は小動物も値段が凄く高くなりましたね〜。
フクモモとかハリネズミとか、人気の子達の値段にビックリ(笑)
昔はハムスターとか1000円以下だったよな〜。



そうそう。
実家の父にシマリスの名前をおはぎにしたと話したら、「やはぎは要らんか?」との返事がwちょっと惜しい(笑)


体重:44g


こんにちは。
お昼寝モードのおはぎです。


少し新しい環境にも慣れてきたっぽい、おはぎ君。
餌交換時に、飛び出してくる(꒦ິ⌑꒦ີ)
もう手を近付けたら開くやんけ!と覚えた模様。
シマリスって、意外と賢いです(笑)

まだお子ちゃまだから、広いとこで遊ばせてあげれないの〜。
ごめんよ(´°ω°`)



「とりあえず今はこの水玉モフモフで満足してやるか!」


体重:43g




昨日我が家に越してきた、おはぎさん。

ペットショップでは虫かごに入っていましたが、虫かごでは狭いかな?ということで爬虫類向けのガラスケースにお引越し。サイズは20×20程です。

爬虫類用ガラスケース



まだまだ体温調節ができないおはぎ。
ケースの下にヒーターを敷き、夜も寒くならないように20~25℃に温度を保っています。
ヒーターは温度調節できるものが使い勝手が良いですよ!
エコパネルヒーター



ペットショップのお姉さん曰く、狭くなり過ぎちゃうので巣箱はまだ不要で床材をフカフカにしてあげてとのこと。


こちらがおはぎ飯。
全てペットショップであげていた物と同じ物を教えて貰いました。
左からアクアゼリー・ハムスターミルク・ヤギミルク・フクモモペレット・ムキアワ。
おはぎはまだ1〜2ヶ月ぐらいなので、離乳食にしてます。

アクアゼリー
水の代わり。ガラスケースは給水器がつけれませんが、まだ小皿にお水だと身体が濡れて体温低下の原因になります。



ハムスターミルク
ふやかしたペレットやアワにまぶしてあげています。ふりかけ的な?w
おはぎはこれが好きなご様子。



ヤギミルク
お湯で溶いてスポイトで。ペットショップのお姉さんが最近ミルクは「もうイラネ!」とするらしいけど一応購入。
イラネ!ってされましたが、指につけると舐めます。

*ペットショップで購入した物はamazon扱いが無いようですが、ペットミルクは小動物用で犬猫用は避けた方が良いと思います。

フクロモモンガ用ペレット
大人のシマリスには栄養価?が高過ぎるらしいので、本当に子供のうちだけ。
半分も食べないうちに、シマリス用のペレットに切り替え時期になるそう。お湯でふやかしてます。
ムキアワ
こちらもお湯でふやかして、ハムスターミルクをまぶして。
多少食べてるかな〜?好きなのかは不明だけど、「ふりかけかかってるから食べよ」感が否めない(笑)




以上は、ペットショップの飼育員さんが推薦してくれました

ごはんは朝と晩であげています。
あとリンゴ・バナナ・ニンジン辺りをおやつとして。

あわ玉とか、ペレットとか、ふやかして離乳食風にしてあげてるけど、
もうニンジンとかカリカリ食べてるやーん!


ちなみに齧り木もガリガリ噛みます。
私の手も軽く噛みます(笑)


本日、新しい家族が増えました(OvO)
シマリスの男の子、「おはぎ」です。

ベビーの季節が来たのでペットショップを覗き、意を決してお迎えしました。


まだしばらくは朝晩寒いので、ガラスケース等で温かくして広いケージはもう少しお預けです(๑•́‧̫•̀๑)

今日はまだ緊張中。

これからよろしくお願いシマリス(OvO)



体重:41g

↑このページのトップヘ